私がピアノと出会った頃のこと

こんにちは、アミーズ音楽教室 主宰の安藤歩です。

今日は、私とピアノとの出会いについてお話しさせてくださいね。

私は音楽が大好きな子どもでした。

子どもの頃のピアノとの出会い

ピアノを買ってもらったのは小1の時。

それまでは家にあった足踏みオルガンを弾いていました。

足踏みオルガンとは、足で空気を送るペダルを踏んで音を出すオルガンです。

当時、私は小さかったのでペダルに足が届かず、母がひたすらペダルを踏んでくれていました。

その母が「私はもうペダルを踏み続けるのはシンドイ」ということでピアノがやって来たのです。

人生初のピアノはまだ実家にあります。

今でもちゃんと音が鳴っていて私の宝物です。

念願のピアノが来たけれど

ピアノを手に入れた小1の私が日々練習に励んでいたかというと・・・

しばらくは大喜びで弾いていたのですが、だんだん弾かなくなってしまいました。

それはなぜかと言うと、ピアノを弾いてるよりお友だちと遊んでいるほうが楽しくなったから。

ピアノの先生になった今、お母さま方から「うちの子、練習しないんです」というお悩みをお聞きします。

そんな時は「ふふ、私もそうだったな〜」と、心の中でニヤニヤしています。

おかげでピアノを練習しない子の気持ちがすごくよくわかる先生になりました(笑)。

長い年月のことなので、この続きは次回またお伝えします。

講師のプロフィールはこちらをご覧ください

こんな先生に習ってみたいな。
アミーズの先生ってどんな人なんだろう。

気になる先生がいましたらこちらをご覧ください。
皆さまが大好きな先生に必ず会えますよう、お待ちしています。