どこに行っても「子どもの頃ピアノの先生は恐かった」と言われます(汗)

こんにちは、千葉市海浜幕張のピアノ・ボイストレーニング アミーズ音楽教室 主宰の安藤歩です。

出かけた先でお会いする大人の方々に「私、ピアノの先生です」と言うと、多くの方から同じ反応が返ってきます。

「えー!ピアノの先生ですか。私、ピアノを習っていたのですが先生が恐くて辞めました。

わ、またこの反応か。

どんなふうに恐かったかインタビューしてみると・・

 手を叩かれました
 練習して行かなくて怒られました
 メトロノームの音に合わせて弾けないと叱られるので、あのピッピッという音を聞くと今でも恐怖を感じます

じつは私も恐い先生に習っていたので、その気持ちはよーくわかります。

いま思えば先生は熱心であったとも言える部分はあるのですが。

子どもの頃から大人になるまで、私はたくさんの先生にレッスンしていただきました。

自身の経験から言えることは

恐怖からは素敵な演奏は絶対に生まれません。

恐いと体だけじゃなくて心もこわばってしまうので、演奏もこわばって不自然になります。

大人になって、よりわかったのは

失望からも素敵な演奏は生まれません。

先生の言葉で傷ついて自分はダメだと思ってしまったら、心のこもった演奏はできません。

だから私は、どんなに熱心なレッスンであっても、恐怖や失望を生徒さんに感じさせてしまっては、先生の「上手になってほしい」という願いは叶えられないと思うのです。

「ピアノの先生はやさしかった」「ピアノの先生はおもしろい人だった」と大人になって言える生徒さんを増やしたい!

そして、子どもの頃の恐いレッスンの記憶を持つ大人の方に、その記憶を「レッスン楽しい」に上塗りしたい!

 

体験レッスンのお申込み・お問い合わせはこちらです

体験レッスンのお申込み・お問い合わせ・イベント参加は、こちらです。

お気軽にお申込み・お問い合わせくださいね。

♫ご入会特典のお知らせ♫

●お子さまにレッスンファイルプレゼント

●ピアノあんしんサポート
ピアノに関するあらゆるご相談をお受けします