期待レベルを上回る先生を目指しましょう

こんにちは、アミーズ音楽教室 主宰の安藤歩です。

今回は、これからお仕事を始める音大生や教えるお仕事を始めたばかりの音大卒の方が、選ばれる先生になるためのヒントをお伝えしたいと思います。

親御さんの考え方

最近はお子さんのレッスンのご入会を検討される親御さんの考え方が変わってきたなと感じることがあります。

そのひとつとして、

複数の教室の体験レッスンを受けてみてからご入会を決める

という傾向があります。

お部屋をリフォームするときに何社か見積もりを取るのが一般的なように、習い事でも複数の教室を試してみるのが普通になってきました。

親御さんは自分の子どもに合った先生を常に探しているのです。

体験レッスンでは

では私たち先生は、体験レッスンに来られた親御さんに限られた時間でどのように対応したらいいのでしょうか。

それは、体験レッスンでのお子さんの反応が親御さんの期待レベルを少し上回ること。

「引っ込み思案でちょっと不安でしたが、終始ニコニコ笑顔で楽しそうでした。」

「個人レッスンは初めてでかなり緊張していましたが、先生が穏やかで優しくて安心しました。」

「うちの子がこんなに集中できるなんて驚きました。」

体験レッスン後の親御さんからのご感想です。

期待と不安が入り混じった親御さんの気持ちをやさしくときほぐしていけたら、きっとご入会につながると思います。

基本の積み重ね

お相手の期待レベルを少し上回る

というのは、体験レッスンや普段のレッスンだけではなく、先生としてお仕事していくうえでとても大切なことです。

約束を守る

すぐ返信する

気になることはすぐ報告する

よかったことは言葉で伝える

といった良好なコミュニケーションに加えて、

ていねいに扱う

身だしなみに気をつける

いつも笑顔で接する

といった立ち居ふるまいまで、

ひとつひとつ基本的なことの積み重ねが、親御さんや生徒さん、そして教室からの信頼につながって、選ばれる先生への第一歩となるのです。

私の教室では、このようなレッスンについてのヒントを新任の先生に繰り返しお伝えしてます。

先生としてお仕事したいと思っている人は皆さんきちんとしているし、音楽に対する敬愛の気持ちを持っています。

そこに社会人としてのマナーとコミュニケーション力を加えることで、自分も周りも幸せになれるのですね。

安藤 歩

あんどう あゆみ

アミーズ音楽教室 主宰

この記事を書いた人

武蔵野音楽大学卒業。同大学院修了。音楽教室経営27年。ピアノ指導実績のべ5000人。
千葉市美浜区 幕張ベイタウン・幕張ベイパークを中心にピアノ・ボーカル・ヴァイオリン教室を2店舗展開し、子どもからシニアまで世代を問わず広い層へ音楽普及活動を行う。
元聖徳大学講師。
経済産業省 女性起業家等支援ネットワーク構築事業 ウーマンミーティングに招致される。
『女性起業家のためのボイスレッスン』、シニアのための『いい声トレで歌いましょう』を考案し、都内や千葉でセミナーやイベントに登壇。メディア取材を受ける。

Profile Picture