レッスン中に「できない」「ムリ」と言うお子さんの気持ちとは vol.2

こんにちは、千葉市海浜幕張のピアノ・ボイストレーニング アミーズ音楽教室 主宰の安藤歩です。

前回の続きです(^^)

「できない」「ムリ」という生徒さんは、できない自分を見られたくない、ダメな自分と思われたくないという気持ちでいます。

親御さんはそんなわが子になんと声を掛けたらいいのでしょう。

それは・・

「よくやったよ」

「がんばったんだね」

褒めなくちゃいけないと思わなくていいんです。

「練習したんだね」

「あの曲好きだな〜」

「難しそうな曲だね、何て曲?」

とにかく「あなたが練習してたのちゃんと知ってるよ」ということを伝えればいいんです。

ご自身が毎日きちんと練習していた親御さんにとっては「練習するのって当たり前。むしろ練習時間が短いんじゃないの〜」と、言いたいかもしれません。

でもそこはガマン。

練習しているお子さんの隣でミスすると叱るのもガマン。

ガマンできなければ隣に行かないで離れていましょう。

そしてどうしても声を掛けたくなったら

「わからないところ、ない?」とだけ。

体験レッスンのお申込み・お問い合わせはこちらです

体験レッスンのお申込み・お問い合わせ・イベント参加は、こちらです。

お気軽にお申込み・お問い合わせくださいね。

♫ご入会特典のお知らせ♫

●お子さまにレッスンファイルプレゼント

●ピアノあんしんサポート
ピアノに関するあらゆるご相談をお受けします