これをやれば全員合格!保育士実技試験当日 会場でする3つのこと

こんにちは、千葉市海浜幕張のピアノ・ボイストレーニング アミーズ音楽教室 主宰の安藤歩です。

いよいよ明日は保育士試験の実技試験ですね。

今回は試験当日にやったほうがいいオススメのことをお伝えします。

保育士実技試験当日にする3つこととは

レッスンに通って下さっている受験生の方々にもお伝えしていることです。

今のところ皆さん全員無事に合格されているので、よろしければ参考にしてみて下さいね。

1.時間の余裕を持って会場に到着しましょう

2.演奏前に、首・肩・指先のストレッチをしましょう

3.自分のテンポを心の中で数えてから弾きはじめましょう

慌てて駆け込んで、すぐに演奏すると心臓のドキドキが緊張のドキドキに変わりやすいです。
落ち着いて演奏できるようにしましょうね。

緊張すると体が固まってしまいます。
首をゆっくり回したり、肩を上下させたり、指先をピアノを弾くように動かしたりしてほぐしましょう。

試験でピアノの前に座ったら、慌てず心の中で拍を数えてから弾き始めましょう。
例えば『どんぐりころころ』「1.2.3.4.(心)ソ ミ ラ ソソララシシド (前奏)」
いつもの自分の速さで弾き始めることが大事です。

人前であがりやすい人はこうしましょう

人がアガるのは2つの理由があります。

手や足が震える(体のアガり)

ミスしたらどうしよう(心のアガり)

体のアガりは丹田に少し力を入れるといいです。

丹田はおへそから指4本くらい下の位置にあります。

力を入れるとは、例えて言えば少しだけきついズボンをはく時の感じです。

力の入れすぎはかえって体が固まってしまうので少しだけですよ。

心のアガりは自分に何度も言い聞かせて下さい。

「大丈夫、できる」

一流の演奏家だって、本番前は手が震えたり、不安に押しつぶされそうになるのだそうです。

だから私たちがアガるのは当たり前なんです。

試験直前に自分を励ますことができるのは自分だけ。

あなたはがんばってきました。

だからきっとうまく行く。

アミーズ音楽教室は保育士さんを目指す方を応援しています!

保育士さん・幼稚園の先生を応援!体験レッスン・保育士試験対策講座のお申込みはこちらです

保育士さんや幼稚園の先生でピアノにお困りの方、保育士試験を受験される方、直前対策をご希望の方、音楽表現に関する技術でお困りの方、幼稚園の先生を目指す方、アミーズがお手伝いします。

お気軽にお問い合わせください。

アミーズ音楽教室は、保育士さん・幼稚園の先生とその資格取得を目指す方を応援しています!