保育士試験 筆記試験直前対策 調と♯、♭のつけ方をド忘れした時の対処法

こんにちは、アミーズ音楽教室主宰の安藤歩です。

いよいよ明日に迫った保育士試験の筆記試験。

もう緊張してますか?

「一生懸命覚えたことを緊張のあまり忘れてしまったら・・」と不安になったり。

大丈夫ですよ!

そんなあなたに、保育士試験でド忘れしても大丈夫な調と♯♭のつけ方を教えます。

調と調号の覚え方は色々あります。

色々あるけど、試験本番で覚えたことをド忘れしてしまったら、これをやりましょう。

ドの5つ上下!

♯の場合はドから5つ上がるごとに数が増えていきます。

ド→ソ♯→レ♯♯→ラ♯♯♯

ドはハ長調、ソはト長調、レはニ長調、ラはイ長調ですね。

ト長調は♯1つ、ニ長調は♯2つ、イ長調は♯3つです。

 

♭の場合はドから5つ下がるごとに数が増えていきます。

ド→ファ♭→シ♭♭→ミ♭♭♭

ドはハ長調、ファはへ長調、シは変ロ長調、ミは変ホ長調ですよ。

へ長調は♭1つ、変ロ長調は♭2つ、変ホ長調は♭3つです。

先日の保育実習理論の試験対策講座でもお話していました。

あなたもこれで大丈夫!

保育士さんを応援!保育士試験対策講座・レッスンのお申込みはこちらです

保育士試験 平成29年保育士試験 実技試験(後期)を受験されるかた、直前対策をご希望の方、音楽表現に関する技術でお困りの方、アミーズがお手伝いします。

お気軽にお問い合わせください。

アミーズ音楽教室は、保育士を目指す方を応援しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です