大人の生徒さんと長いお付き合いを続けるなかで、私が大切にしていること

こんにちは、アミーズ音楽教室 主宰の安藤歩です。

最近は大人の生徒さんのご入会が増えていて、とても嬉しく思っています。

教室の大人の生徒さんは、みなさん長ーく通って下さっています。

6年、8年、13年・・20年も続けて下さっている方も。

長ーいお付き合いって楽しいですよね。

大人の生徒さんとお付き合いを続けるなかで、私が大切にしていることがあります。

子どもと大人のピアノレッスンの違いは?

子どもと大人の違いって、まずご入会の動機から違っているのです。

子どもの場合は、親御さんのご意向と本人の気持ちがマッチしてご入会となります。

大人は全てご本人のご意向、つまり100パーセントご本人の意志で始められるのです。

その決断の決めてはワクワク感です。

先生はそのワクワク感をしっかり受け止めていっそう盛り上げてあげたいですね〜(^^)

大人のピアノレッスンでの先生のかかわり方とは

私は子どものレッスンと大人のレッスンは別なカテゴリーとしてとらえています。

もちろんピアノが上達する過程は子どもも大人も同じです。

指導内容としては変わらないのです。

でも、先生のかかわり方は子どもと大人では違います。

これは私の教室の方針ですが、子どもはピアノの上達とともに、学ぶ姿勢、コミュニケーション力を身につけることを目標にしています。

一方大人は・・・その方その方のスタイル、価値観でピアノと向き合っているので、まずはそれを尊重することから始まります。

曲選び、レッスンの頻度や時間、練習の仕方など、その方のスタイルを尊重しながらご提案します。

だって大人は純粋に楽しみたくて来ているのですから。

余分なストレスがないほうが楽しめますよね。

大人ならではのレッスンに来れない事情とは

そして忘れてはいけないことが・・

大人は、自分ではどうしても思い通りにならないことがいっぱいあるってことです。

お子さんが熱を出してレッスンに来れなくなったり。

仕事で残業が続いた、学校の役員になった・・などで練習ができなかったり。

 

そこもひっくるめて受け止めて盛り上げちゃう。

自分のピアノの楽しみより優先させなければならない自分以外のことがたくさんあるのが大人です。

「あーままならない!」と思いながらもレッスンに通ってくれていることに私はすごく感謝したいのです。

だから可能な限りお休みしても振替して通っていただいています。

練習できなかったことで自分を責めなくていいし、先生に申し訳ないと思わなくていいんですよ~。

そしてレッスンでは思いっきり楽しんで、ワクワクしてほしいな。

で、私も一緒に楽しんじゃってます。

できたことは「できましたねー!」って一緒に喜んでます。

こんなふうにしていたら、あっという間に6年、8年、13年、20年のお付き合いになってしまいました。

長ーいお付き合いって楽しいですよ。

おもしろピアノ塾 イベント参加申し込みはこちらです

ピアノ博士の「おもしろピアノ塾」イベントご参加希望の方は、こちらからお申込みください。
残席は18名さまです。