保育士さん不足解消で見落とされている大切なこと

こんにちは、アミーズ音楽教室 主宰の安藤歩です。

保育士さん不足解消の動きの中で見落とされている大切なことをお伝えします。

保育士さん不足解消の動きの中で

これ、現役の保育士さんにとっても
未来の保育士さんにとっても
保育士さん大歓迎の現状の流れに乗っかっているだけだと、後で後悔することになるかも。

3年後、5年後も保育園から大切にされる先生であるために今やること。

保育士さん不足を解消するため、とにかく人を集めて保育士さんになってもらおうという行政の動きがあります。

待機児童がいなくなれば、それはとってもいいこと。

保育士さんに経済的な補助が出るのも、とってもいいこと。

ピアノの先生から見た保育士さんの気になることとは

みんながHappyになれるいいことづくしの中に、ピアノの先生としてとっても気になることがあるんです。

それは保育士さんたちのピアノ。

保育園での歌や踊り、園の行事にピアノ伴奏はつきものです。

大急ぎで保育士さんになった人たちに、じっくりピアノを学ぶ時間は取れないでしょう。

結果として
すでにピアノで困っている保育士さんに、新たにピアノで困ることになる新米保育士さんが加わることになるわけです。

ピアノが弾ける人が保育園にいないという事態が起こるかも~ >_<

ピアノが苦手な人にとって、朝のお歌、お帰りのお歌の伴奏は毎日の憂うつのタネだし、園の行事で弾くのは恐怖のどん底。

子どもたちにとっても、恐怖のどん底で弾かれたピアノ伴奏では楽しく歌えません。

じゃあ、いっそのことCDにする?

「昨年まで生演奏だったのに今年はCDでガッカリ」と。
これ、親御さんの生の感想です。

だから園としてはピアノが弾ける保育士さんは有りがたーい存在なんです。

私たちが保育士さんのピアノをお手伝いします

当教室にもピアノでお困りの保育士さん&保育士さんのタマゴさんたちが通って下さっています。

皆さん、少しずつお顔が明るくなってきますよ。

ストレスが減ってくると表情も明るくなりますよね。

街の小さな音楽教室でできることに限りはあるけど、1人でも多くの保育士さんに笑顔になってもらいたい!

頑張るぞー!!