2人の生徒さんの感慨深い成長ぶりをお伝えします

こんにちは。アミーズ音楽教室 講師の松江亜衣です☆

レッスン中の生徒さんと松江先生

今回のブログは、2人の生徒さんの“わぁ、成長したな”と思うできごとについてお話したいと思います!!

和音の練習が演奏に生きる

一人は小4女子のRちゃん。

普段は曲と同時に、指の練習もしています。

テキストの写真は3度の和音を綺麗につなげる練習です。
(和音をレガートに弾くって、けっこう難しいんです。)

先日のレッスンで、Rちゃんが「先生、ここはテキストの練習が生きるね」と、いま譜読みをしている連弾の曲の中で同じ形を見つけて、自ら考えてくれました(*^^*)

中2男子はショパンに挑戦

二人目は中2男子Tくん。

ただいま初めてのショパンに挑戦中です。

ワルツ第9番、とても素敵でぜひ皆さんにも聴いてほしい曲です♪

思い返せば小学校の低学年で体験レッスンに来てくれて、一生懸命にチューリップを弾いていた男の子が、ついにショパンを弾くようになったのだなと感慨深いものがあります。

耳を傾けて、よく自分の音を聴いて弾いています。

二人とも長く続けているからこそ、レッスンの中での発見や、新たな曲へ挑戦できるんですね☆

また次回のブログでも生徒さんのがんばりや成長をお伝えできたらなと思います!

松江 亜衣

 まつえ  あい

アミーズ音楽教室 ピアノ講師

この記事を書いた人

東京音楽大学器楽専攻(ピアノ科)卒業。
ピティナピアノコンペティションD級全国大会出場。日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。レ・スプレンデル音楽コンクール入選。
印西フレッシュコンサートにて東京ニューシティ管弦楽団とピアノコンチェルト共演。ウィーン国立音楽大学マスタークラスに参加。
現在、ピアノ指導に携わりながら、ソロ演奏・弦楽器とのアンサンブルなどで活動中。

Profile Picture

お子さまのピアノレッスンはこちらをご覧ください

小さなお子さんのピアノレッスンは、単にピアノが上達するだけではない大きな付加価値がついてくるもの。

もしかしたらピアノ上達と同じくらい重要な価値かもしれません。

それはひと言で言えば『やりぬく力』です。

集中力、忍耐力、判断力など、それらがひとつになり『やりぬく力』となります。

発表会などの本番を経験することによって人前で自己表現できる子、本番に向けて努力を積み重ねることができる子になります。

私たち講師は、こうした付加価値を強く意識して様々な工夫を凝らしてレッスンにのぞんでいます。


お子さまのピアノレッスンについて、レッスンメニューや料金はこちらに詳しくご案内しております。


♫ご入会特典のお知らせ♫

●お子さまにレッスンファイルプレゼント

●ピアノあんしんサポート
ピアノに関するあらゆるご相談をお受けします