ピアノと電子ピアノ どちらがいいですか?

こんにちは、千葉市海浜幕張のピアノ・ボーカル・ヴァイオリン・話す声のボイストレーニング アミーズ音楽教室 主宰の安藤歩です。

大人の発表会リハーサル終了後の安藤

ピアノか電子ピアノか

やっぱりピアノじゃないとダメでしょうか。
電子ピアノはどうですか?

ご入会直後の生徒さんからのよくあるご質問です。

ピアノのレッスンを始めると決まった時、金額的にもスペース的にも本物のピアノはハードルが高いですよね。

アップライトピアノ

私のお返事は

まずはお子さんがピアノを弾くことを楽しめる環境を作ってあげることが大切です。

と、お伝えしたうえで以下のことを確認します。

  • お子さんがピアノを練習する時間帯は?
  • どのくらいのレベル?
  • 周りの環境は?

練習の時間帯

ピアノを練習する時間帯はお子さんの年齢にも関係しますね。

小さい子でしたら幼稚園や小学校から帰ってすぐに弾くとして夕方くらいでしょうか。

中学生でしたら部活をやって帰宅してからなので夜ですよね。

演奏レベル

小さなお子さんの弾く音はまだまだ小さくて弱いです。

中学生だったら好きなポップスをガンガン弾きたいかな。

このように年齢や曲によって出てくる音量は全く違ってきます。

環境

周りに在宅でのお仕事の方、体調がすぐれないご高齢の方、受験生がいるお家はありませんか?

このような方々は音に敏感です。

まずは電子ピアノから

もし①②③のご心配がおありでしたら、まずは電子ピアノからスタートしてはどうでしょうか。

ビクビクしながらアコースティックピアノ(本物のピアノ)の音を出すより、電子ピアノで音量を調節したりヘッドフォンを使ったりしてストレスなく弾けたほうが良いと私は思います。

もちろんアコースティックピアノの音色は素晴らしいですけどね。

高額になりますが、アコースティックピアノに消音装置を取り付けることもできます。

教室のある幕張ベイタウン、幕張ベイパークはマンションだけの街です。

PhotoAC

そのため生徒さんの多くは電子ピアノで練習していますが、音楽を存分に楽しみながらしっかり上達しています。

お子さんにとって楽しめる環境となるのは

アコースティックピアノ?

電子ピアノ?

ピアノを始めようと思っていらっしゃる方の参考になれば嬉しいです。

安藤 歩

あんどう あゆみ

アミーズ音楽教室 主宰

この記事を書いた人

武蔵野音楽大学卒業。同大学院修了。音楽教室経営27年。ピアノ指導実績のべ5000人。
千葉市美浜区 幕張ベイタウン・幕張ベイパークを中心にピアノ・ボーカル・ヴァイオリン教室を2店舗展開し、子どもからシニアまで世代を問わず広い層へ音楽普及活動を行う。
元聖徳大学講師。
経済産業省 女性起業家等支援ネットワーク構築事業 ウーマンミーティングに招致される。
『女性起業家のためのボイスレッスン』、シニアのための『いい声トレで歌いましょう』を考案し、都内や千葉でセミナーやイベントに登壇。メディア取材を受ける。

Profile Picture

お子さまのピアノレッスンはこちらをご覧ください

小さなお子さんのピアノレッスンは、単にピアノが上達するだけではない大きな付加価値がついてくるもの。

もしかしたらピアノ上達と同じくらい重要な価値かもしれません。

それはひと言で言えば『やりぬく力』です。

集中力、忍耐力、判断力など、それらがひとつになり『やりぬく力』となります。

発表会などの本番を経験することによって人前で自己表現できる子、本番に向けて努力を積み重ねることができる子になります。

私たち講師は、こうした付加価値を強く意識して様々な工夫を凝らしてレッスンにのぞんでいます。


お子さまのピアノレッスンについて、レッスンメニューや料金はこちらに詳しくご案内しております。


♫ご入会特典のお知らせ♫

●お子さまにレッスンファイルプレゼント

●ピアノあんしんサポート
ピアノに関するあらゆるご相談をお受けします